カートを見る

【LETTER WEEK コラム】 – わたし宛に、手紙が届いた – vol.6

– – – – – – – – – – – – – – – – – – –

『 筆跡のむこうに息づくもの    

 from エストニア 
– – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

淡くやさしい色の紙。

どこか古めかしいデザインのポストカード。

クロスワードを解いたあとが残る、新聞紙。

2019年8月に届いた『旅先からの手紙』は、

バルト三国 エストニアからだった。

旅先でゆいちゃんが見つけた「好き」にふれ、

「わたしもここが好きっておもったよ」と返事をするような、

距離をつかったコミュニケーションも、もう 6通目となる。

あ、と今回、目をひいたわたしのお気に入りは、

クロスワードを解いた 新聞紙。

この文字は、どうやらゆいちゃんの文字ではなさそうだ。


ちょっと間違ったのか、文字をぐしゃぐしゃっとごまかしている。


エストニアのひとなのかな。なんだか急に、親近感。


遠いはずの、この紙の向こう。

たしかに誰かが、「 暮らしている 」。


ことばは「暮らし」 のなかで生みだされては、消えてゆく。


手元にたまたまやってきた 一枚のクロスワードも、

だれかが暮らした、時間の一部。


モノの向こうに「暮らし」を想像する。

手紙には、暮らしの距離を縮めるようなヒントが

散りばめられていた。

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – –

手紙 送り主 : kami/ なみえゆい 『世界の紙を巡る旅』

手紙 もらったひと:栞や さなえ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – –