カートを見る

【LETTER WEEK コラム】 – わたし宛に、手紙が届いた – vol.1

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – 

『 “わたし宛” に届くということ』

 from タイ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

2019年、4月。

香川の琴平には桜が満開で、気持ちのいい春の風が吹いていた。

ちょうどその頃。

みたことのない風合いの封筒に包まれた、1通の手紙が届いた。

「わぁ、ゆいちゃんからの手紙や..!」

ついにきた、という感じだった。

『紙がすきでひとりで世界を旅してみたい』

そう話してくれた 友人の なみえゆいちゃん。

そんな彼女がほんとうに3月から旅にでて、初めて到着したのがタイだった。

この手紙は、旅先であるタイからわたし宛に送ってくれたものである。

初めて触れる紙の、この質感に驚きながらも、そろりと封をあけてみる。

わたしがイメージする「紙」とはかけ離れた繊細なそれには、
ゆいちゃんが旅先で 解放された日常をおくっている様子が書かれていた。

「村の風景に感動して、ゆいちゃんさっそく涙ぐんでるみたい」

離れても、わくわく楽しそうに暮らす彼女の様子が届いて、
手紙越しにわたしも笑った。

これから毎月届く手紙には、
旅先で見つけた紙にことばを記して、彼女が「これ好き!」とおもうものを詰め込んで届けてくれる。

さっそくわたしには、タイでみつけた 栞 をえらんでくれた。

手紙で受けとったもの。

それは “もっともっとたくさんのひとへ届けたい声” ではなかった。

”あなたから、わたしへ。
たった ひとり と ひとりの会話なのだ。”

そんな1通のやりとりがとても深く、
離れて暮らすわたしの心を わくわくさせてくれた。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – –

手紙 送り主 : kami/ なみえゆい 『世界の紙を巡る旅』

手紙 もらったひと:栞や さなえ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – –