【大賞受賞しました】全国読書人が選んだ いちばん!伝えたい 人・事・場 『読者大賞』 2020年 【場部門】

この記事をシェアする

全国の読書人が毎年、年1回  “読書を盛り上げてくれている” と感じた “人・事・場 “を決める『読者大賞』

なんと、『栞や』が【場部門】で大賞を受賞しました。

 

「売り場からベストセラーをつくる!」そんな出版業界を現場から盛り上げていく本屋大賞があるならば、業界に所属していなくても「本が好きすぎて」様々な立場で「読書を盛り上げている」人・事・場を読者側から応援する賞も別にあっても良いのではないか?と考え、同賞は2019年に設立されたもの。

 

投票してくれた方からの応援コメントがWEB上で読める仕組みだったのですが、

寄せられたコメントが嬉しく、励まされました。

 

2020年春、いまはまさに新型コロナの影響真っ只中。

【場部門】として選んでくださっているのに、心から気持ちよくお迎えして

店舗をあけることができない。

 

悔しい思いをしていた日々のなかで、

この投票を通してみなさんからのことばをいただけたことは、本当にありがたかったです。

きっと今年の受賞のことは忘れないだろうと思います。

 

 

この『読者大賞』の特徴は、全国の「読書人の投票だけ」で選ばれる賞。

 

過去一年の間、読書人自身が自薦、他薦を含むエントリーの中から

「あの人は読書を盛り上げてくれている」

「あの時間があったから本の面白さに気づけた」

「あの場所のおかげでかけがえのない本と出会えた」

と思った人・事・場にWEB上で投票し決定するものだそうです。

 

読書大賞についてはこちらをご覧ください。

 

受賞のきっかけは『旅する栞や文庫』

今回『栞や』を推薦してくださったきっかけのひとつは、『旅する栞や文庫』でした。

栞やの実店舗で、2019年8月からスタートしたこの取り組み。

 

自分が持ってきた本に 栞と手紙を添え、

棚のなかにはいっている一冊と物々交換するものです。

 

“自分の読んだ本が、次にこの場所を訪れるひとの道しるべとなって、

栞と本が旅するように巡っていく。”

 

そんな仕組みがつくりたいとおもい、はじめました。

 

 

 

この取り組みをはじめて、偶然の出会いがいくつも起こりました。

それは、本との出会い方が少し、特殊だからなのかもしれません。

 

この本棚から本を受けとるために頼りとなるのは、

前の人が書き残した『宛名』だけ。

 

宛名のことばだけを頼りに、いまの自分に必要な本を選びます。

 

 

なので本の表紙を見ることはできません。

小説なのかエッセイなのか、ノンフィクションなのか。

ジャンルを選ぶこともできません。

 

「このことばを書いたひとは、どんなひとだろう。」

「いまのわたしは、どんな気持ちなんだろう。」

 

想像が膨らみ、自分と向き合う時間が 自然と訪れる、本棚です。

 

 

 

 

 

年齢や性別関係なく、中学生から年配の方まで、

県内外から訪れてくださいました。

 

 

 

 

 

本の向こう側に、たしかに人の存在を感じること。

ひとつのことばの向こうに、多様な受け取り方があると知ったり、知らなかった世界に出会うこと。

本を読んで感じたことを組み合わせる栞選びで表現したり、

手紙に書いて届けること。

 

本をつなぐ “ひと” に焦点を当てて展開していくと、

一冊の本との出会いが特別なものになったり、

ことばの向こうに世界がぐんと広がったりしてとてもおもしろいなぁと感じています。

 

 

読み終わっていらなくなった本を交換しにくるというよりも、

” 誰かに贈りたくなる本 “が巡っているのだと実感しています。

 

大切な本やことばが巡り、次のひとの道しるべになる。

そんな在り方を大切に、この場所から届けられることをやっていきたいです。

 

今は店舗営業自粛期間ですが、再開したときには、ぜひあそびにきてくださいね。

 

 

人生というひとり旅が交差するような時間をつくることは、

きっと、そのひとの人生を豊かに彩る。

 

そう信じて、店舗営業だけに限らず、人のぬくもりを届けることは変わらずやっていきたいです。

今回『読者大賞』に推薦してくださった記者の山下さん。

運営される読者大賞委員会の皆さま。

そして投票し、あたたかいコメントの数々をくださった皆さま。

本当にありがとうございました。

 

いただいた応援のコメント

 

最後に、今回投票でいただいたコメントについて、こちらに載せさせていただきます。

 

・こんなに素敵なお店が、あるなんて知りませんでした。是非とも行きたいお店です。

・よく通ってます。雰囲気もよく、なによりここのカレーがおいしいんですよ。

・素敵なお二人の活動をいつも応援しています!

・今は一旦お休みしてるけど、再開してパワーアップした栞やさんにまた絶対遊びに行くからね〜!

・頑張ってください!応援してます!

・落ち着く空間と優しい店主のお二人と猫のチャイ子さんに癒されました。

様々なイベントも開催していて、それに参加するのも楽しい!

・民家改装した手作りの店づくりも素敵です!近隣の金比羅やヴィスポもおすすめ!

・お店の店主ご夫婦も(チャイ子も含めて)本当に素敵です。

日常のストレスから解放されたい人、感性を刺激されたい方、美味しいカレーを食べたい人、そんな旅人を分け隔てなく受け入れてくれる場所です。

・大好きな場所。本当の出会いを与えてくれる。はじまりの場所

・猫のチャイ子と過ごす夫婦二人の雰囲気がとても優しいのです。また行きたいと思う場所。今度は本を持って伺いたい。

・カレー食べたい!

・会ったことない誰かに自分のオススメ本と栞が届きます。SNS全盛の世の中でもあたたかみを感じることが出来る場です。スタッフの人柄もやさしい。

・応援してまーす!

・夫婦でお店作りもやっちゃうセンス抜群の栞やさん。看板猫のチャイコも癒してくれる優しい空間のお店です。色々なワークショップも開催している栞と本とカレーのお店、頑張ってください!

・いつも応援しています!!!

 

たくさんの応援、本当にありがとうございました!

 

 

《オンラインで 栞の販売しています》
いまのあなたにぴったりな一枚をお選びくださいね。
▷ https://shioriya.net/online-shop/

 

おすすめ《 読書セットはこちら 》
読書を豊かに彩るひと時を、心を込めてお届けします。
https://shioriya.net/online-shop/omamori-shiori/reading-set/

 

《栞の取り扱い店や個人の方も募集しています》
お気軽にお問い合わせください。
▷ https://shioriya.net/shiori-partner

この記事をシェアする
この記事を書いたタビビト:
さなえ

さなえ

栞や Founder / Producer プロフィール詳細