「旅先で同志に出会う」という体験。『MONSTER baSH』の宿泊難民向けキャンプ場を運営してみて

この記事をシェアする

こんにちは、栞やの銀三郎です。

 

毎年8月に香川のまんのう公園で行われる、中四国最大級の野外ロックフェスティバル『MOSTER baSH』

全国から5万人を超える人が訪れるために宿泊施設が埋まり、宿が無い人が続出します。

栞やは、そんな宿泊難民の方を対象に、琴平町の土地をキャンプ場として開放しました。

 

テレビの取材

当日、NHKさんが取材に来られたのですが、先日それが放送されました。

出典:NHK BSプレミアム『熱狂ライブ!MOSTER baSH 2018』(2018年9月30日放送)

こうやって感想を言ってくれているところを見られたのも嬉しいし、
モンバス後にメールを送ってくれたお客さまたちもいて、やってよかったなあと本当に思いました。

先日はモンバス難民だった私達に宿泊場所を提供していただいて本当にありがとうございました。
またキャンプ場に宿が建った時には泊まりにいきます!!

このたびは素敵な宿をご用意していただき、ありがとうございました。
みなさんのおかげで香川での2日間をとても有意義に、楽しく過ごすことができました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
またいつか宿泊出来る日を心待ちにしています。
本当にありがとうございました。

「旅先で同志に出会う」という体験

今回のキャンプ場の利用者は、カップルや友だち同士、ご家族でなど様々。

でも、みんな「『MONSTER baSH 2018』に参加した」という共通点を持っているため、共有スペースでは自然と交流が生まれ、すごくあたたかい空間になりました

 

旅先、特に宿泊先で共通の趣味嗜好を持つ人とたくさん出会える経験って、なかなか無いと思います。

栞やの建物が建ったら、宿泊込みのイベントなんかも企画してみたいなあ!

 

と、いろいろやりたいことがありますが、まだしばらくは土地だけの状態

引き続き、いま僕たちができることをやっていきながら、少しずつ前に進んでいきたいと思います。

早く建物を建て、来年のモンバスではより快適に過ごしていただけるよう頑張ります!

 

イベントのお知らせ

このたび『栞や』は、オリジナルの栞(しおり)を屋台にて販売開始します。
そのオープニングイベントとして、栞の絵を描いている絵描き 幸山 将大さんによるライブペイントが行われます。

*ライブペイント… 絵を描く過程を見せるパフォーマンスアート

古くから「一生に一度はこんぴら参り」と言われ、今も多くの参拝客が訪れるこんぴらさん。
世界中の願いが集まるこの地で、【願い】をテーマに自然の中で行われるライブペイントです。

 

会場はこんぴらさんの参道100段目あたり。
こんぴら参りの途中、絵を見ながら自分の『願い』を見つめる時間を持ってみませんか?

 

観覧無料ですので、どうぞお気軽にお越しください。

 

【日時】2018年11月25日(日)
11:00 〜 17:00 (途中入場・退場可)
※小雨決行

 

【場所】
香川県仲多度郡琴平町1162
JR琴平駅から徒歩15分
こんぴらさんの参道100段目あたり

 

【アーティスト】

幸山 将大 / Kouyama Masahiro

​1988年生まれ, 岡山県在住

光、温もり、物語、心が温まる景色。

あるいは夢。『自分たちは皆旅人である』という感覚。

何度でも立ち返るべき心の居場所をテーマに絵画を制作している。

 

【観覧料】無料

 

【内容】
・『栞や』の栞の絵を描いてくれている、絵描き 幸山 将大 さんのライブペイント

・本の栞の販売

・栞の原画展示

・絵描きブース

この記事をシェアする
銀三郎

銀三郎

栞や Founder / Producer