カートを見る

【LETTER WEEK コラム】 – わたし宛に、手紙が届いた – vol.7

– – – – – – – – – – – – – – – – – – –

『 遠い、知らない文化への入り口    

 from イギリス 
– – – – – – – – – – – – – – – – – – –

この半年間、わたしのポストは

遠い、知らない文化への入り口になっている。

 

世界を旅し、各国でみつけた紙で

ゆいちゃんが手紙を届けてくれてるからだ。

 

初めての手紙がタイから届いたのは、桜が咲くころ。

 

これまでふれたことのなかった質感の あの手紙から、

毎月、たしかに個性のちがう紙にふれつづけている。

 

2019年10月。

7通目の『旅先からの手紙』が、イギリスから届いた。

ここから旅は、折り返し。

こちらは金木犀の花が咲きはじめ、甘い香りがしている。

 

パリッとして薄い、つるんとした封筒。

ふれると凹凸ある印刷がされたカード。

トレーシングペーパーのような風合いのある、楽譜。

 

どこか、これまでの手紙よりも しゅっとしている。

イギリスの気品なのだろうか。

 

『 国によって紙がちがう 』

 

ゆいちゃんと出会わなかったら、そんな風に思考を巡らせることはなかったんじゃないかなと、ふと思うことがある。

 

世界の紙を巡る旅をしながら、その土地の暮らしや思想、風景と混ざりながら

日々を過ごす彼女。

 

それを表現する手紙を受けとりつづけることは、

変わらない場所で暮らしながらも、

思考は知らない文化に、ふれさせてもらっているのかもしれない。




– – – – – – – – – – – – – – – – – – –

手紙 送り主 : kami/ なみえゆい 『世界の紙を巡る旅』

手紙 もらったひと:栞や さなえ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – –