はじめての”リアルの場” 企画。ドキドキの『栞や』説明会&交流会で気づいた課題と収穫

この記事をシェアする

栞やの”リアルの場”は、現在「土地のみ」(!)ですが、

栞やの想いに共感してくれる仲間と定期的に情報共有したり、仲間探しのプレゼンをしたり、

土地のお手入れなどを実施しています。

 

リアルに人と繋がるきっかけとしてのドキドキの第一回目は、

2018年2月17日に開催した『栞や説明会&交流会』でした。

 

はじめてのリアルの場 企画。ドキドキの栞や説明会 レポート

 

岡山の奉還町コミュニティをぐんと広げている、『奉還町4町目ラウンジ・カド』さんに、

茶話会の提案をいただき、思い切ってやってみることにしました。

 

映画やライブ、シゴトと暮らしのトークに料理教室。カドさんでのイベントは、どんなものでも魅力的に映る。

わたしもちょくちょく参加させていただくのだけど、いざ自分たちがやる側になると、ちょっと尻込みしかけたのでした。

それでも開催に踏み切ったのは、やっぱり

栞やのコンセプトをお話しして、それを面白がってくれる仲間に出会いたかったから。

 

リアルの場での初公開とあって、

どんな方が興味もってくれるんだろう。

誰か来てくれるんかなぁ?

とドキドキしつつ、Facebookのイベントページを作成。

 

ヤベェ…緊張する…

と笑顔ひきつる、プレゼン直前の銀ちゃん。

 

 

メインの説明は銀ちゃんにまるっとすべてお任せをして(自称しゃべり苦手)、

わたしは今回サポート役に徹しました。

なので少々お気楽気味でした。純粋にこの場を楽しむモードに入っております。

 

銀ちゃんはプレゼンの最終チェックをしております。

 

 

この日は、わたしたちが想像していた以上に、

たくさんの多業種の仲間がやって来てくれたのです。

 

たとえば、

・将来ゲストハウスをやってみたい

・Webサイトを運営し コミュニティづくりをしている

・新しいことが始まることに興味があって過程に立ち会いたい

・カドに来ると面白い人に出会えると知っている常連さん

・ゲストハウス予定地である香川で町おこしをしている

・二拠点生活に関心がある大学生

・子育てしている母で居場所づくりに関心があり多様な価値観にふれたい

・コンセプトに強く共感し応援したい

 

などなど。素直に、嬉しいぃぃ…。

 

 

イベントを見つけて、来てくださって本当にありがとうございます!!

 

以前から建築関係で協力してくれている仲間にも、改めて感謝する会となりました。

 

自分たちが考えていることを直接話せる機会があったことで、

正直、詰めが甘かったところや課題がハッキリしました。

 

栞やのゲストハウスは、交流スペースはあるけれど、その分、一人になれる時間も大切にしています。

“一人になれる”という基準も、人によって定義が違うっていうことがわかりました。

なにをもって”一人になれる”と定義するのか。


完全にまわりの人の気配がしないこと?

それとも単に仕切られていればいい?

それとも自分に向き合う仕組みづくりが必要?

 

 

みんなの反応が嬉しかった。説明会が終わっても、誰一人すぐに帰らず、

こんなアイデアはどう?と積極的に考えてくれたり、

これから面白いことになりそうやね!と言ってもらえたり。

他にもバンバン質疑がもらえたことで、改めて栞やの目指すカタチを掘りさげました。

 

ネットで発信するだけではわからなかった反応や発見がたくさんありました。

でも発信していたからこそ、出会えた仲間。

この栞やのレポートを読んで興味をもってくれた人と、どこかで出会ってみたいな。

 

そして説明会のあとの、ご飯会!

ジャマイカ料理をモリモリいただきました〜

 

 

こうやってリアルな繋がりのなかで

「栞やは応援してもらってるんだ」と肌で実感できたことが一番の励みでした。

 

そのことがわかっただけでも大収穫!

琴平ゲストハウス『栞や』説明&交流会の概要( 2018.2.17実施)

 

簡単にどんなイベントだったかというと、

『栞や』ってなに?どんなコンセプトでやっているの?

をお伝えするための企画でした。

 

それを面白がってくれる仲間を見つけたかった!

今回のテーマは『土地でアソブ』。

こんぴらさんのふもとにある、今は更地の土地でどうアソブかを考えました。

 

『栞や』のコンセプトを説明した後、ワクワクした土地の使い道をざっくばらんに話し合う

突拍子のないアイデア、もちろん大歓迎!

『栞や』で開催する第一回目の企画を、みんなと作れたらいいなという趣旨でした。

対象

・社会人、学生の方

・ゼロから(土地から)のゲストハウス立ち上げを手伝ってみたい方
(知識・スキル問わず、可能な範囲で手伝っていただきたいです)

・イベントの企画・運営に興味のある方(経験不問)

・『栞や』のコンセプトに共感してくれる方

 

『栞や』の概要


 

改めまして、栞やのコンセプトは「生き方の道しるべになる場所」です。

ゲストハウスの醍醐味である交流スペースはあるけれど、客室は1人1部屋の、小さな小さな小屋を予定。

様々な価値観が集まり、それが発信されていく、『ゲストハウスメディア』を作ります。

リアルの場(ゲストハウス)では個展や講演会、様々なメッセージ性のあるイベントを開き、

ネットの場(WEBサイト)では、わたしたちに気づきを与えてくれた方々のインタビュー記事を掲載していきます。泊まりに来てくれた旅人にオファーして、お話を記事にさせていただくことも。

 

3月には『こんぴらさんツアー』と題して、ちゃっかりみんなで草抜きをしようという企画も実施しました。こちらもまたレポートしたいと思います。

 

栞やに関わりたいと思っていただいた方や、何かご質問等がある方は、どうぞお気軽にご連絡くださいね。

今後とも応援、よろしくお願いします!

この記事をシェアする
さなえ

さなえ

栞や Founder / Producer プロフィール詳細