カートを見る

【LETTER WEEK コラム】 – わたし宛に、手紙が届いた – vol.5

– – – – – – – – – – – – – – – – – – –

『 表現としての手紙    

 from ラトビア 
– – – – – – – – – – – – – – – – – – –

手紙が、近況報告のためだけのツールだとしたら、

きっと、こんなに惹かれていなかったとおもう。

 

世界の紙を巡る旅をしながら、ゆいちゃんが送ってくれる『旅先からの手紙』。

 

届くたびに、わたしは彼女のもつ感性にふれて、

またひとつ 知らない面を 知ってきた。

 

思えば、彼女にちゃんと会ったことがあるのは、

旅にでる前、たったの2回だけだった。

 

だから、手紙のなかに

彼女が見ている世界を見つけようとするのかもしれない。

 

2019年 夏の日、5通目の手紙が はるばる ラトビアから届いた。

 

そこに入っていた一枚の紙に、わたしはすっかり心を掴まれてしまう。

 

種をすき込んだカード。なんと、土に埋めると芽がでるらしい。

ラトビア語で『愛は育つ』と書かれている。

 

あぁもう、完全に好きなやつだ..

 

そして、たった2回会ったなかで、

ゆいちゃんがわたしに話してくれたことばを思い出した。

 

「紙は、木と水でできているんです。

 それが紙を好きな原点なのかもしれない。」


“ 芽がでるカードに惹かれ合う ”

“ ことば が 育む ”

 

頭で考えるより先に、見たい景色がおなじなことに、

こころがわくわくする。

あの日のときめきが、いま ひとつの形になったこと。

『時を旅するHUG LETTER』は、わたしたちの ときめきの種 が原点だ。

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – –

手紙 送り主 : kami/ なみえゆい 『世界の紙を巡る旅』

手紙 もらったひと:栞や さなえ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – –