『帰る場所』をつくるために、人は旅をする

この記事をシェアする

『帰る場所のない旅はできない』

と聞いたことがある。

 

帰りを待ってくれる人がいる安心感で、

タビビトはまた一歩、前に進むことができるからだ。

 

もしくは、旅に出ることで初めて、

帰る場所があることの安心感に気づくことがある

 

それを思い出させてくれるような、5月の栞の絵が届いた。

 

毎月、”ひとり旅” をテーマに、四季を織り交ぜて描くオリジナルの小さな絵。5月のお守り栞『まなざし』の原画。

 

5月の栞の原画に描かれていたのは、新緑のみずみずしい景色のなか、

ワクワクのままに冒険する少年の姿。

 

絵を見るだけで、胸の奥が晴れるような、柔らかくも力強い、こっくりとした色づかいをしている。

 

どこか懐かしい感覚がするのは、

少し離れたところで見守る、柔らかいまなざしをくれる存在がいるからだろう。

 

それはきっと、タビビトが「帰る場所」だ。

 

家族の待つ家を思い浮かべるかもしれないし、

価値観の似ているコミュニティかもしれない。

それらを形成する人や時間に、わたしたちは拠り所をつくる。

 

受けとめてくれる場所があると、随分と、

人生というひとり旅は しやすくなる。

 

『栞や』も「帰る場所」としての在り方ができれば、と思い、場所を育てているところ。

道を歩いていくのは、ひとりだから、安心して寄り道ができるような、そんな居場所があってもいいのかなぁと思っている。

 

人生というひとり旅に寄り添うよう、願いを込めてつくった『お守り栞』

 

栞にこめられた絵とことばが、あなたの道しるべと重なって、寄り添い、歩む。

 

本のなかの忘れたくないことばに挟む栞のように、

忘れたくない時間の記憶として『お守り栞』を持って帰ってもらえたら嬉しいなぁと思う。

 

今回、滋賀県にて「帰る場所」をつくる友人のヨガスペースのはじまりにあたり、

『お守り栞』を出店させていただく機会をいただいた。

 

滋賀の日野にてOPENする古民家を活かしたヨガスペース『mukta』

 

オーナーである まみこちゃんの新たなはじまりを祝い、それぞれの愛のカタチを持ち寄る時間。

会話も音楽も、食べるものも、身に付けるものも。

それぞれのツールを大切に思うひとたちが集まる、人にも地球にもやさしくてピースフルな時間になるんだと思う。

もちろん何かをツールとして使わなくたって、

一緒に同じ時間を過ごすことは、大きな愛のカタチのひとつだ。

 

右がまみこちゃん。左は娘さんと。すごく好きな写真。

 

はじまりを一緒にお祝いできるのが今からとっても楽しみ。

 

5月の栞の絵はもちろん、スタジオのはじまりにふさわしいようなイメージで、

栞の原画をいくつか選んで持っていけたらと思う。

 

 

受けとめてくれる「帰る場所」があると、随分と、

人生というひとり旅は しやすくなる。

 

だから人は、旅をするのかな、とも思う。

逆説的のようだけれど、

『帰る場所をつくるために、人は旅をする』とも思うのだ。

 

彼女のスタジオOPENにあたって過ごした時間が、忘れられない記憶となって、

誰かのひとり旅の「帰る場所」になっていくのだろう。

 

今週末は、ぜひ滋賀にて、柔らかい祝いの時間を過ごしてみてほしい。

 

Yogasace mukta オープニングイベント
『めぐりあい∞みなかぞく〜muktaのはじまり〜』

開催日 : 2019 年 5月18日(土) ・19日(日)
開催地 : Yogaspace mukta

〒529-1603  滋賀県蒲生郡日野町大窪1242
お問合わせ : 090-9991-6685 (はやしまみこ)
yogamukta76@gmail.com

イベント詳細はこちら

この記事をシェアする
この記事を書いたタビビト:
さなえ

さなえ

栞や Founder / Producer プロフィール詳細