【 いちょう庵 】人生という旅で、自然と巡りあうタビビト

この記事をシェアする

同じ方向を向いていれば、人と人は何度でも出会う。

たとえ距離は離れていたとしても、何かのタイミングでまた、くっつくのだ。

 

『栞や』のカフェ営業で迎えた初めてのGWで、わたしはそう実感した。

今回は、GW最終日に訪れてくれたタビビトのことを書こうと思う。

 

キャンプ場でのクリスマス会で初めまして(2018年12月)

 

GW最終日のこと。

『これから伺おうと思うんですが、大丈夫ですか?』

と連絡をくれたタビビトがいた。

岡山県美作市の上山で古民家カフェ『いちょう庵』をしている福尾夫婦だ。

 

左が福尾夫婦の奥さんのしゃけちゃん。右が旦那さんのふくちゃん。

 

ふたりとの出会いは、去年の12月に遡る。

毎月、ひとり旅をテーマに描く『お守り栞』の12月の絵をすっかり気に入ったわたしたちは、『この絵の世界観を再現しよう』と、クリスマス会(クリスマスキャンプ)を企画した。

 

12月の栞『はじまりのためのエピローグ』/ 絵描き 幸山将大さん

 

『栞や』のカフェOPENの1週間前で、準備に奮闘しているときだった。

やることは山盛りだったのに、そんなときこそ仲間に会いたくなる。

 

 

『冬のキャンプファイヤー』もやってみたかったし、冬の澄んだ夜に響く『森の音楽会』もやってみたかった。

 

それを叶えてくれる場所といえば、会場はもちろん、『大芦高原キャンプ場』だ。

オーナーは、三宅 康太さん(コウタ氏)。過去にインタビュー記事も書かせてもらっている。

▽インタビュー記事はこちら

証券会社を5ヶ月で退職した24歳に学ぶ。これからの時代の『お金の価値と働き方』/百姓 三宅康太

 

2018年の2月に『栞や』の説明会でコウタ氏に初めて会って以来、キャンプのことや、場づくりのことなどで、力を貸してもらっている。

お世話になりまくっている。

 

 

クリスマスキャンプにコウタ氏が誘ってくれていたのが、『いちょう庵』の福尾夫婦だった。

 

右端のふくちゃんは、この日、まさかのサンタの格好での登場。焚き火の炎を見つめる。この日、他の写真がなかった。(笑)

 

 

この日は、『いちょう庵』のおふたりは忙しい合間で来てくれたので、ゆっくり会話する時間があまりなかった。

出会いを繰り返すなかで、一度会えるだけでも実はかなりの偶然。

せっかく会えたとしても、「じゃあね」で一度きりで終わることも多いなかで、再会のきっかけが訪れた。

 

交流フェス『タビサキ』で再会(2019年2月)

改めまして、サンタ姿ではないふくちゃんがこちらです。笑顔がとっても素敵!もちろんサンタ姿も素敵だったよ。

 

2019年2月に岡山県の港町、宇野で開催されたマチと人をつなぐ交流フェス『タビサキ』で、わたしたちは再会した。

 

12月のクリスマスキャンプでは、あまりお互いのことを話すことはできなかったけれど、

一緒に焚き火をした思い出を共有していることもあって、再会を喜びあった。

 

『タビサキ』では、ライブペイントで絵を通して対話をしたり。

 

 

お気に入りの本を通して、自分たちの思考や好みをシェアする時間を共有したり。

 

 

愛情たっぷり、『ふくちゃんの福むすび』をいただいたり。

 

いろんなツールで『いちょう庵』のおふたりと対話をして、一緒に時間を過ごすことができた。

イベントを一緒につくりあげたこの再会ですっかり、同志のような、仲間のような関係になった。

 

『いちょう庵』と『栞や』に共通する目指す方向とは

 

今回GWに訪れてくれたおかげで、改めてゆっくりと話をするなかで、

『いちょう庵』のこれから目指す方向についての想いを聞くことができた。

 

それは、

『好きなこと、やってみたいことをいろんな人とやってみる。

自分の世界と、それを通して繋がれた人たちとの世界を広げる場所にしたい。』

という想い。

 

それを聞いて、やっぱりわたしたちは同じような方向を向いている同志なんだな、と再確認した。

だから、こうして何度も巡り合わせのように、出会えるのだろう。

 

 

『栞や』は、ひとり旅をテーマに展開している。

ひとり旅をしていくことで、その人ならではの哲学だったり、個性だったりが磨かれると思っているからだ。

それは、好きなことや、やってみたいことにも出会えるヒントになりうる

 

そして、ひとり旅の先に、誰かのひとり旅と交わることで、新しいものが生まれ、世界に広がりと奥行きを生むのだと信じている。

 

『いちょう庵』は岡山県上山の山を拠点に。

わたしたち『栞や』は香川県琴平の山を拠点に。

 

山を拠点にする同志として、この点と点を結ぶタビビトが現れてくたら嬉しいなぁと思う。

 

『栞や』に『いちょう庵』への旅のチケットを置いている。

ぜひ、ひとり旅で訪れてほしい。

誰かの旅が、ここからまた、はじまることを願って。

 

 

いちょう庵
岡山県美作市上山2135
営業日:日・月・祝
営業時間:11:00 – 17:00
Facebookページ
Instagram
この記事をシェアする
☆この記事が気に入ったら、栞やの活動を支援してみませんか?
お礼の品として、栞やオリジナルの栞をお贈りします。
1口 500円
  口数:
さなえ

さなえ

栞や Founder / Producer プロフィール詳細